トップ

歯科のCTを導入が増加している

歯科で歯の撮影をする

保険請求

歯科用のCTについて

昔から歯科医院では、レントゲン撮影をして歯の様子を確認していました。しかし、レントゲンは平面的な画像なので、骨の状態がきちんと確認できないこともあり、最近はCTを導入するところが増えています。CTは三次元的な撮影が可能なので、親知らずの抜歯やインプラントの前に行うことで精密な治療計画を立てられます。歯科用なので、コンパクトで撮影時間も医療用と比較すると短いというメリットがあります。撮影後は、デジタルデーターとして、すぐにパソコンなどで画像の確認ができ、今の患者さんの状態を把握することができます。

CTスキャンとはなにか

歯科用CTスキャンはX線撮影を利用して歯や歯を支えている骨を立体的に診断する方法で、一般的に用いられるパノラマレントゲン撮影では見えないような情報が得られ、歯を支えている顎の骨の厚さや病巣、骨の内部の神経や動脈についての立体的な位置関係を把握することができます。大半の歯科医院では撮影装置を持っていないので、どうしても必要な場合には装置を持っている病院で撮影してもらってから診断が行われます。CTスキャンはかなり進んだむし歯や歯周病で骨にダメージが及んでいるケースや、インプラント施術や親知らずの抜歯手術の準備の際に利用されています。

↑PAGE TOP